省エネ住宅ポイントで豪華賞品GET|明日に繋がるアースへの配慮

不動産

保険に加入する

リフォーム瑕疵保険の仕組み

不動産

リフォーム瑕疵保険というのは、リフォーム工事を行ったとき、その工事に欠陥があった場合に、それに対処するための保険です。住宅瑕疵担保責任保険法人、つまり国が指定する住宅専門の保険会社によって取り扱われています。この保険は、リフォーム工事に万が一欠陥が見つかった場合、保険金が事業者に対して支払われることによって、事業者による補修工事が確実に行われることを助けます。また、もしも事業者が倒産して補修工事が受けられないといったような場合にも、工事の発注者に直接保険金が支払われる仕組みになってるため安心です。

省エネ住宅ポイントを受け取るためには

リフォーム瑕疵保険へ加入することによって省エネ住宅ポイントを受け取るためには、定められた工事とあわせて実施する必要があります。それは、窓の断熱改修、外壁や屋根などの断熱改修、エコ住宅設備の設置のいずれかの工事です。対象となっているリフォーム瑕疵保険に対して、1契約あたり11000円相当分の省エネ住宅ポイントが発行されます。ただ、このリフォーム瑕疵保険に加入するのは事業者であることには、注意が必要です。つまり、リフォーム工事に着手する前に、事業者がリフォーム瑕疵保険に加入しておかなければ、省エネ住宅ポイントの申請を行うことはできません。事業者はあらかじめ、住宅瑕疵担保責任保険法人が定めている基準をクリアして、保険法人に登録しておく必要があります。また、どの事業者が保険法人に登録しているかは、保険法人のホームページなどで公開されているため、確認することができます。