省エネ住宅ポイントで豪華賞品GET|明日に繋がるアースへの配慮

不動産

耐震性の強化

省エネ住宅ポイントの受け取り方

不動産

省エネ住宅ポイントを受け取ることができる対象は、1981年5月31日以前に着工された住宅で、現行の耐震基準に適合していないものを、現行の耐震基準に適合させるための工事です。また、窓の断熱改修、外壁や床などの断熱改修、エコ住宅設備の設置などの工事のいずれかとあわせて行うことも、その条件になっています。こうした耐震改修工事を行った場合には、1戸あたり一律15万ポイントが発行されます。省エネ住宅ポイントの上限は、もともと1戸あたり30万ポイントとなっていますが、この耐震改修工事をあわせて行った場合には、その15万ポイント分が上限に上乗せされ、45万ポイントまで受け取ることができるようになります。

税制支援や補助金もあわせて受けることができます

耐震改修工事によって省エネ住宅ポイントを受け取る場合には、そのほかの耐震改修に関する税制支援もあわせて受けることができます。それは、耐震改修にかかった費用の10パーセントを、上限25万円まで、所得税から控除できる仕組みであったり、120平方メートル相当部分までに関する固定資産税が、1年の間、2分の1に減額されるといった仕組みです。さらに、自治体などが独自で行っている耐震改修に対する補助金などもあわせて受け取ることができる場合もあります。省エネ住宅ポイントを申請するためには、耐震改修を行ったことを証明する書類が必要で、一般に5万円程度の費用が、その書類の作成にはかかりますが、それを差し引いても、十分なメリットがあるため、大きな人気を呼んでいます。